チョーキング現象の発生を抑えるには?

Pocket

 外壁を手で触ったときに白い粉のようなものが付くことがあります。これはチョーキング現象という外壁塗装の劣化を表すものです。緊急に対応が必要というわけではありませんが、劣化が始まっているというサインとしてとらえる必要があります。
 チョーキングが発生する原因にはいくつかあります。まず紫外線の影響です。紫外線を受け続けると、塗料の中に含まれる樹脂が分解してしまいチョーキングが発生します。
 また使用状況に合わない塗料を使ったり、塗料がきちんと混ぜ合わされていない状態で使用されるなど、施工不良が原因となることもあります。そのため信頼と実績のある業者を選ぶことが重要なのです。
 チョーキング現象はある程度起こりうるものとして覚悟しなければならない面もあるのですが、塗料の種類によっては劣化の進み具合が遅く、長持ちするものもあります。たとえば、フッ素樹脂を使ったフッ素塗料や炭素を含まないために紫外線による劣化がほとんどない無機塗料、また価格が安い割には耐久性があるラジカル塗料などです。耐久性の高さと価格は比例する傾向があるので、予算はどのくらいで、どのくらいの耐久性を求めるのかによって、塗料選びも変わってきます。詳しいことは塗料会社に問い合わせると良いでしょう。